ブランド戦略・財テクによる巨大ホテルの誕生
motoactv coupon Cheap Nest Thermostat buy Fitbit Bose Soundlink discount Jawbone Jambox Coupon Medialink wireless N router roku 2 xs best price Buy Bowflex Selecttech 552 p90x coupon bowflex selecttech 552 coupon code cleaning microfiber leather

ブランド戦略・財テクによる巨大ホテルの誕生

ブランド戦略・財テクによる巨大ホテルの誕生

» Posted by on Mar 22, 2014 in Letter | 6 comments

ブランド戦略・財テクによる巨大ホテルの誕生

 

ヒルトン・ホテルは先週、再上場で公開市場で約190億ドルの価値がある。

日系ホテルが世界中でとても太刀打ち出来ない巨大ヒルトン・ホテルの再上場が世界ホテル業界を変えようとしている。ひいては、第三産業、旅行サービス業に国の競争力までに変革をもたらす可能性を潜めている。

世界中でほぼ主要都市のアイコンにもなっている ヒルトン・ホテルはこのブランド戦略を駆使して、ホテル自社所有か、フランチャイズ運営受託かの戦略でその傘下に90カ国で4,000以上のホテルや67万客室を事業として提供している。

オーナとしてのM&A専門のブラックストーンファンドはもともと投資ファンドである。

経営陣とともに上場企業を買収して非上場化させ、経営を立て直す「マネジメント・バイアウト(MBO)」、あるいはM&A(企業の合併・買収)による
投資手法の駆使で投資ファンド業を主としてやっている企業である。

2007年に合計で約64億ドル投資して、ヒルトン・ホテルを非上場した後に、、今回の再上場による財テクで、その資金はIPO後に公開市場で約150億ドルの価値がある。

言い換えれば、ブラックストーンファンドはこの6年間で2.3倍以上のお金を稼ぐことになる。

64億ドル投資して、6年後で換金して、150億ドルになって、86億ドルの稼ぎになる計算でしょう。

ヒルトンは今回の再上場で24億ドルを調達して、その中に12.5億ドルを債務返済し、残りはブランドの再投資するために使用すると述べた。

jalDubaiHotel

それらの実行には、 良いブランド戦略なしでは、ホテル数を確実に増加させることができない。

言い換えれば、今の日本ホテル業界には、グローバルでのブランド戦略を理解できる社長はいないということに等しい。

 

ヒラ社員のように「おもてなし」だけで一部始終して業務をやり遂げよう、後ろ向きのスタンスはもうこれからホテル社長業を勤まらない時代になりつつある。

 

 

FacebookTwitterGoogle+LinkedInPinterestYahoo MailTumblrRedditGoogle GmailShare

6 Comments

  1. hai

Submit a Comment