motoactv coupon Cheap Nest Thermostat buy Fitbit Bose Soundlink discount Jawbone Jambox Coupon Medialink wireless N router roku 2 xs best price Buy Bowflex Selecttech 552 p90x coupon bowflex selecttech 552 coupon code cleaning microfiber leather

捕鯨敗訴で日本政府は今後も国際ルール歪曲に意欲?

捕鯨

» Posted by on Apr 28, 2014 in Letter | 6 comments

捕鯨敗訴で日本政府は今後も国際ルール歪曲に意欲?

 

国際司法裁判所(ICJ)が先月31日、南極海における日本の食売捕鯨を禁止した判決を下した。日本の鶴岡代表は「深く失望している」と述べたが、判決に従う方針を示した。

しかし、日本政府はこれまで創造的に国際法、日本憲法[集団的自衛権] と 歴史を曲げる方法、解釈での記録から、これから何らかの抜け道を見つけ出して、捕鯨船を南極海域に送り込んで、クジラに銛を打ち込み、虐殺し続けるでしょう。

これからも,法を守らないと疑われても仕方がないでしょう。

「調査捕鯨と言いつつ、実際は在庫調整の食売用の商業捕鯨だ」と言うような・・・・・

 

反捕鯨で固まった欧米を中心として、途上国などとする国際世論を捕鯨容認に転換させることは困難であり、今回の判決はそれを改めて認識させることになった。

日本は、意思決定の転換を図るべき時期に来たということだ。

この時代がもう近いかもしれない

毎年、ちっぽけな捕鯨支持団体に何百億円も費用を日本政府が負担してまで、それをやる必要があるかどうか、新しい時代に立って、必要がなければ、正々堂々と「捕鯨やめろう」と言う時代がもう近いかもしれない。

 

Dolphin and baby

つづきを読む

FacebookTwitterGoogle+LinkedInPinterestYahoo MailTumblrRedditGoogle GmailShare

6 Comments

  1. what is this ??

  2. 捕鯨敗訴で日本政府は今後も国際ルール歪曲に意

Submit a Comment